審査に通りやすいカードローンランキング

 

審査に通りやすくする裏技とは?

 

お金が必要となった際に頼りになるのがカードローンではないでしょうか。

 

銀行カードローンは消費者金融に比べて金利が低いという事もあり利用したいという方が増えています。

 

一昔前には〔銀行カードローンの審査には数日掛かる〕と言われていましたが、最近では最短30分で審査回答が得られる銀行カードローンなども出現し利用しやすくなっています。

 

最近ではキャッシングやカードローンのTVCMにも有名芸能人を起用していることから
昔に比べてクリーンなイメージになっていると感じます。

 

そんなカードローンですが、審査に受かるためにすべきことというのはあるのでしょうか。

 

消費者金融でのキャッシング・銀行カードローンの審査、どちらも審査に受かるための第一条件としては〔きちんと職に就き安定した収入を得ていること〕になります。

 

無職の方が融資を受けれる可能性は0であり職を見つける以外に方法はありません。

 

職についてですが、正社員でなければならないという事はありません。

 

アルバイトであってもパート・派遣の方でも安定した収入がある方は審査に通る可能性は充分にあります。

 

正社員で年収が高いとしても、まだ在籍して数ヶ月という方よりも、何年も同じ職場で安定した収入を得ているパートの方のほうが信頼度が高いと判断されることだってあるようです。

 

今までにキャッシングを利用したことがないという方もいるでしょう。

 

キャッシングは初めてだったとしても、クレジットの支払いを滞納する事なく利用し続けている方は信頼度が高いとされることもあります。

 

反対に、キャッシングは滞納などないが携帯電話料金を滞納し飛ばしてしまったなんて方はブラックとなってしまい、いくら審査申し込みをしても審査には通らないなんて事もあります。

 

審査をスムーズに進めたい方必見

 

誰だってお金が必要なときに融資して欲しいとおもうのは当たり前の事ですが、残念ながら誰でも審査に通過して融資を受けれるというワケではありません。

 

ネットでは〔消費者金融の審査よりも銀行カードローンの審査は厳しい〕などという声を見たことがありますが、正直言ってこれは間違いです。

 

消費者金融の審査が甘いわけでも銀行カードローンの審査が厳しいわけでもなく、両者ともしっかりと審査を行った上で融資するかしないかの判断をしています。

 

審査の内容としては、提出した書類に目を通し、間違いやウソがないかチェックします。
職場にスタッフが電話をかけて、あなたが本当に会社に在籍しているかを確認するのは審査の時点で行われています。

 

この在籍確認が気になるという方は多いのではないでしょうか?

 

しかしそこまで心配する必要はありません。

 

在籍確認というのは数分間で終了します。

 

スタッフは会社名を名乗ることなく個人名を名乗ってあなたがいるかを確認しますから金融業者からの電話だと疑われる事はないでしょう。

 

あなたが電話に出たことが確認できれば数分の確認作業で終了します。

 

しかし、仕事中なのですから電話にあなたが出れないなんて事もあるでしょう。

 

その場合は職場の人間に〔●●はただ今電話に出ることができません〕などと、あなたは会社に在籍しているけど今電話に出れないだけだという事がわかる回答を得られることで在籍確認は終了します。

 

大企業にお勤めの方は電話に出た方があなたの事を把握していないという場合もあるかも知れません。

 

そんなときは会社の代表番号以外に部署に繋がる電話番号や内線番号までをスタッフに伝えておけば〔そのような人間はおりません〕などという手違いもなくなりますし、自分自身で電話に出ることもできるのではないでしょうか。

 

最近では、在籍確認電話を時間指定できるサービスを用意してくれている業者もありますので検討してみてください。

 

職場の人間にキャッシングがバレたくないとおもっているなら一工夫で回避できます。

 

それは、〔今日僕宛に保険の担当者から電話がくるので取り次いでください〕と周囲に根回ししておくのです。

 

そうすれば誰も〔キャッシングの在籍確認だ〕とは疑わないでしょう。

 

ブラックでも融資可能という広告は本当?

 

審査なしで融資を受けることができればどれだけ嬉しいか…とおもったことはありませんか。

 

審査と言われると落ちたらやけに落ち込んでしまって次の業者探しも億劫になってしまったりしますよね。

 

一発で審査に受かりたいとおもっている方にとって〔無審査で融資します〕〔ブラックでも即日融資可能〕という広告を目にしたら釘付けになってしまうでしょう。

 

 

世の中に〔ブラックでも融資してくれるところはある?〕と言われれば確かにあります。
しかし、それは全うな営業をしている金融業者ではなく闇金である可能性は非常に高いという事を知っておかなければなりません。

 

ドラマや漫画などで強面の人が〔お金を返さないならここで働け〕と奴隷のような扱いを受けたり、職場にまで乗り込んで取り立てをされる。

 

これ、数は多くありませんが実際にそのように取り立てをする闇金は0ではありません。

 

非道な回収方法・法外な金利というのは闇金の代名詞。

 

返済日にきちんと返済しているのに返済しているのは金利だけ。
元本は全く減らず借金生活から抜け出せなくなってしまうことだってあります。

 

万が一、トイチなどの高利で融資を受けたとして、しっかり期限内に返済できる予定があったとしましょう。

 

トイチだけが闇金のやり方ではありません。

 

クレジットカードで高額商品を買わせ、闇金の取引業者で格安で品物を買取られ、手数料を引かれた現金を渡されるだけでクレジットカードの支払いはあなた自身がしなければならない。

 

〔ブラックでも我が社が手を回せばブラックは消えます〕と手数料を振り込ませ二度と電話が繋がらないなどの紹介屋まがいの闇金。

 

返済日が迫るとあらゆる業者名を名乗って融資の誘いを掛ける。

 

ギャンブルにハマった人をターゲットにした闇金など闇金の種類も増えています。

 

あっと言う間に多重債務者となってしまうこともありますからブラックでも貸しますなどの誘い文句には乗らないようにしてください。

 

賢い業者選びのコツとは

 

どの業者に審査申し込みをするか。
それは実際にキャッシングを利用した方のクチコミやランキングサイトを参考にしてみましょう。

 

審査スピードや融資スピード、金利や利用限度額などについてまとめられていることも多いので比較しやすいとおもいます。

 

その際に〔即日融資を受けたい〕〔審査スピードが早い〕〔金利が安い〕〔無利息期間がある〕〔限度額が高い〕など自分が一番に希望している条件を明確にしておく必要があります。

 

長期間の返済になるのでしたら、金利によって総額にかなり差が出てきてしまいます。

 

返済シュミレーションなどを上手く利用して、返済プランなども想定してみましょう。

 

審査申し込みの前に、簡単な診断をしたいという方は借り入れ診断などの利用をしてみましょう。

 

審査に受かる見込みがあると判れば怖がることなく審査に申し込めるという方もいるでしょう。

 

滞納してブラックになってしまっては、大手金融業者からの借り入れは不可能になってしまいます。

 

そうならないためにも返済方法の種類が多い業者を選ぶ方も多いです。

 

口座振り込み以外にもコンビニATMで返済できれば返済が遅れてしまって無駄な遅延金が発生することも信用情報に傷がつくことも避けられるでしょう。